大谷 司郎

昭和11年滋賀県信楽町に生まれる
昭和35年市立京都工芸指導所陶磁器技能者養成所に入所
清水九兵衛、松風栄一、内田邦夫 各氏の指導を受ける
昭和37年滋賀県立美術館展県知事賞 受賞
全国勤労者美術展労働大臣賞 受賞
昭和40年第三回朝日陶芸展優秀賞 受賞
昭和44年第16回日本伝統工芸展 入選 以後入選を重ねる
昭和48年信楽町黄瀬内裏野に居を移し、登窯、穴窯などを築く
第20回日本伝統工芸展 入選
重要無形文化財保持者(人間国宝)陶芸家清水卯一氏の指導を受け始める
昭和51年第五回日本工芸会近畿展優秀賞 受賞
昭和55年文化庁芸術家在外研修員として渡米、一年間現代アメリカの陶芸を見聞きする
ハーバード大学フォグ美術館等に作品が収蔵される
アメリカテネシー州名誉州民、テネシー州ノックスビル市名誉市民となる
昭和59年アメリカテネシー州アローモント美術工芸学校の招待作家として陶芸の指導及び制作する
滞米中、ワシントンDC日本大使館カルチャーセンター、ウエスト・ジョージア大学、ピッツバーグ大学、ロスアンゼルスパサデナ大学等で陶芸指導、講演を行う
昭和60年第十四回日本工芸会近畿展支部展鑑査委員
昭和62年アメリカジョージア州ウエストジョージアカレッジの招待作家として陶芸指導
アメリカ・ジョージア州アトランタ市ハイ美術館、ニューヨークブルックリン美術館、ワシントンDCスミソニアン内サックラー美術館等に作品が収蔵される
平成元年信楽世界陶芸祭実行委員会専門委員に任命される
平成2年ニューヨーク・フランクリンパラッシュギャラリーにて個展
信楽町信楽焼無形文化財保持者の指定を受ける
平成4年アメリカニューヨーク州立大学の招待作家として陶芸指導及び制作
アメリカワシントンDC、日本大使館広報文化センターにて作品展開催
平成5年作陶四十年記念展を京都、岡山、奈良で開催する
平成6年作陶四十年記念大壷展を大阪高島屋で開催する
アメリカニューヨーク州立ニューパルツ大学にて陶芸指導、アメリカ楽焼制作
アメリカ楽展を名古屋、東京で開催する
平成7年秀明文化賞 受賞
 
日本工芸会正会員

弊社の画像は、Adobe RGB色空間を使用して撮影しております。
実物の色とウェブ上の色がモニター環境により異なる場合がございます。ご了承下さい。
ご希望の方には、写真プリントをお送り致しております。お問い合わせ下さい。

読み込み中・・・
counter
counter
+